ビタミンB群を多く含む食品について

ビタミンB群とは、脳や神経・皮膚などを健康的に保つ働きがあり、ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・パントテン酸・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ビオチンの総称になります。ビタミンB1は、疲労回復効果があり神経機能を正常に保つ働きがあります。ビタミンB1は、玄米・胚芽精米・小麦胚芽・オートミールなどの穀類や豚肉・レバーなどの肉類・かつお・ウナギなどの魚介類・大豆・ピーナッツなどの食品に多く含まれています。
–¼Ì–¢Ý’è-2
ビタミンB2は脂肪を燃焼させる働きがあり、糖尿病などの生活習慣病を予防させる効果があります。牛レバー・豚レバー・牛乳・ヨーグルト・さんま・ぶり・納豆・アーモンドに多く含まれています。ナイアシンは、酵素を助ける補酵素の働きがあります。かつお・さば・まぐろなどの魚介類に多く含んでいます。パントテン酸はエネルギーの代謝を助ける作用があり、エリンギ・なめこ・アボカド・モロヘイヤなどに多く含まれています。ビタミンB6はたんぱく質の合成を助ける働きをしていて、さんま・まぐろ・かつお・レバーなどに多く含まれています。

ビタミンB12は悪性貧血の予防効果があり、のり・すじこ・チーズに多く含まれています。葉酸は赤血球の形成を助けます。菜の花・枝豆・いちごなどに多く含まれています。ビオチンは皮膚や髪を健康に保つ働きがあり、ヨーグルトやグレープフルーツに含まれています。

コメントは受け付けていません。