補酵素とは、またその働きについて

たんぱく質の一種である酵素は、その働きを活性化させるためには、補助的に働いてくれる成分が必要です。
酵素は、人間の体内で、食事で摂取した食べ物を消化したり、新陳代謝や運動や思考など、生命活動を行うためには欠かせないものですが、その酵素を働かせるためには、ビタミンやミネラルが必要になります。これを、補酵素(エンザイム)といい、酵素の化学反応に欠かすことのない材料の一部となったり、化学反応によってできた成分を血液などによって体中へ運搬する働きをもっています。

酵素は単体でも、エンザイム単体でも体内で化学反応を起こすことはできないため、正常な生命活動をすることはできません。しかし、酵素とエンザイムが組み合わさることで、ホロ酵素というものに変化し、消化や代謝ができるようになります。酵素を摂取しても効果を感じられないのは、エンザイムが足りない可能性があるので、エンザイムも同時に摂るようにすることが大切です。

人間の消化や代謝の要となる酵素をサポートするエンザイムには、ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、コエンザイムQ10、マグネシウム、イオウなどがあります。ビタミンB群は、多くの青魚などの魚類に多く含まれています。

コメントは受け付けていません。