ビタミンBのもたらす効果と働きとは

ビタミンBはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類があります。
これらのビタミンB群はエネルギーの供給や代謝に関連しており、不足すると肌が荒れたり、すぐ疲れやすくなります。

また、大半のB群は脂質代謝の働きに作用しますので、欠乏すると脂肪が血管内に溜まって動脈硬化などを起こす恐れがあります。
ビタミンB群が多く含まれる食品にはほうれん草やそばなどがあり、酷く欠損した場合には脚気にかかったり、足のしびれや倦怠感などの症状が現れるようになります。
ビタミンB2は過酸化脂質に変化することを防止して血管を維持する効果があり、ビタミンB6は蛋白質のアミノ酸の合成に必要な成分であります。

ビューティー23
免疫力の向上に効果があるパントテン酸はストレスが多い現代人には特に重要なビタミンであり、サツマイモや大豆などに多く含まれています。
また、アスパラガスやレタスなどの緑黄色野菜に多い葉酸は赤血球の細胞の生成に欠かせない栄養素であります。
このようにビタミンBは体に欠かせない重要な栄養素であり、栄養のバランスを維持するには新鮮な緑黄色野菜を多く摂取するなど、普段の食事習慣が大事であります。

コメントは受け付けていません。