ビタミンB群が不足するとどうなるのか

ビタミンB群は人が生きていくうえでのエネルギーになると言っても過言ではないくらい体には欠かせない栄養素となります。どんな栄養も足りなくなると体の不調が目立つものですがビタミンB群も大切な栄養素の一つであり、足りなくなると脚気などにつながり、倦怠感や動悸、むくみなどが諸症状としてあらわれます。体の代謝が悪くなる事にも繋がるので肌の調子が悪くなったり、太りやすくなったりと女性には困った症状になってしまいます。

また、ビタミンB1欠乏症になってしまうとウェルニッケ脳症という病気に繋がりかねません。この病気は中枢神経の疾患なので体が麻痺してしまったり動かなくなってしまったり今後一生を左右する病気になります。こうならないためにもビタミンB群が多く含まれた、豚肉やうなぎ、大豆、さんまやレバーなどをたくさん食べて予防していく必要があります。現代はインスタント食品なども多く出回り極度に偏った食事を摂っている人もたくさんいます。そういった方はビタミンが不足している可能性が高いため注意が必要です。逆に過度に摂取してもいいことはありません。ですが、まず自分の普段の食事を見直すことで病気などを予防する事にも繋がります。

コメントは受け付けていません。